国内ニュースなど

【アニメ】無名の“宮崎駿”がブレイクした瞬間 『未来少年コナン』で見せた「天才」ぶり

1: muffin ★ 2020/06/12(金) 12:38:54.25 ID:LhWYGaz/9

https://magmix.jp/post/29538
2020.06.12

「西暦2008年7月、人類は絶滅の危機に直面した。核兵器をはるかにこえる超磁力兵器が、世界の半分を一瞬にして消滅させてしまった」。

そんなシリアスなナレーションで始まった、SFアニメ『未来少年コナン』。最終戦争から20年後の荒廃した世界を舞台にした、野生児コナンの冒険物語です。放送時37歳だった宮崎駿氏が、シリーズ全26話の演出を手掛けており、実質的な監督デビュー作として知られています。2020年5月3日より、毎週日曜の深夜にNHK総合で再放送中です。

NHK総合で『未来少年コナン』が初放映されたのは、1978年4月~10月。当時はまだ「宮崎駿」の名前は、一般の視聴者には知られていませんでした。『ルパン三世』第1シリーズや『侍ジャイアンツ』(ともに日本テレビ系)のキャラクターデザインを担当した作画監督・大塚康生氏の描く、洗練されていながらも親しみを感じさせるルックスのキャラクターたちが出ていたことから、気になってチャンネルを合わせていた子供たちが多かったように思います。

NHK初のTVアニメということで注目を集めた『未来少年コナン』ですが、1978年はスティーブン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』(1977年)やジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』(1977年)といった本格的なSF映画が日本で劇場公開された年でした。巨大UFOやライトセーバーでの戦いが描かれたハリウッド超大作に比べると、『未来少年コナン』はかなり地味な作品に感じられました。

今でこそ、暗い未来社会を題材にした「ディストピアもの」はSF映画の人気ジャンルとなっていますが、1970年代の日本の子供たちにはなじみの薄い世界でした。原作としてクレジットされていた米国の作家アレグザンダー・ケイの小説『残された人びと』も、まるで聞いたことのない題名でした。

『未来少年コナン』は面白いのか、つまらないのか。判断を下すのに迷っていた当時の子供たちの目を釘付けにしたのが、第6話「ダイスの反乱」です。太陽エネルギーの秘密の鍵を握る少女・ラナ(CV:信澤三恵子)は、科学都市インダストリアの中枢・三角塔に拉致監禁されていました。人間離れした身体能力の持ち主であるコナン(CV:小原乃梨子)は、三角塔を素手でよじ登り、ラナを救出しようとします。太陽エネルギーを独り占めしようとするレプカ(CV:家弓家正)、レプカを嫌うダイス船長(CV:永井一郎)、ラナを命がけで助け出そうとするコナン。三つどもえの争いとなるのです。
中略
それまでのアニメーションは横の動きが主流だったのに対し、宮崎監督は高低差を生かしたダイナミックな演出で有名になります。第6話でのラナを抱えたコナンが三角塔から飛び降りたシーンに続く、第8話での月に向かってのコナンの飛翔シーンは、宮崎監督の天才ぶりの発露だといえるでしょう。第8話を観た子供たちは、『未来少年コナン』はこれまでにはなかった特別なアニメーションだと気づくことになったのです。

コナンの飛翔シーンの後も、素晴らしい場面が第8話には待っています。生死のギリギリの境目をくぐり抜けてきたコナンとラナは、浜辺で目を覚まします。コナンと出会え、生きていることを実感できたラナは、愉快そうに笑います。いつもは、ちょっと影のある雰囲気のラナが屈託なく笑う姿は、とても印象的でした。『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)の第6話「決戦、第3新東京市」のラストシーンと同じくらい、視聴者の胸に残る名シーンではないでしょうか。

『未来少年コナン』の「行き過ぎた科学への警鐘」というメッセージ性は、劇場アニメ『風の谷のナウシカ』(1984年)へと受け継がれ、冒険活劇としての面白さは『天空の城ラピュタ』(1986年)に凝縮されることになります。天才クリエイターには、それまで蓄えていた才能をいっきに開花してみせる、ブレイクする瞬間があります。その瞬間を視聴者がリアルタイムで目撃したのが、『未来少年コナン』の第7~8話だったのではないでしょうか。(長野辰次)

※NHK総合では『未来少年コナン』の第1話~6話を一挙再放映します。
2020年6月13日(土)15時5分~16時33分 第1~3話
2020年6月14日(日)15時5分~16時33分 第4~6話

全文はソースをご覧ください

2: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:39:57.08 ID:24c2sGll0
アルプスの少女ハイジの時から有名だっただろ

 

28: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:56:23.06 ID:j+P9F/Ja0
>>2
レイアウトだけだからそこまで有名ではない

 

77: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:37:55.15 ID:5U3xo0nO0
>>2
それは後付けだろ
後の世で「ハイジの制作スタッフに宮崎もいた」って感じで

 

90: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:51:55.32 ID:yz95SiFf0
>>77
もいた。とかいうレベルじゃないよ
全話全カットレイアウト担当
ハイジという作品は駿の脳内世界を覗いてるようなもん

 

4: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:41:56.67 ID:PqK/CXSI0
業界では既にハゲが嫉妬するくらいの人だったのに

 

5: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:42:00.91 ID:fzthBgN70
探偵のコナンはこれのパクりなん?

 

12: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:47:27.34 ID:9YYSDGRU0
>>5
あれはシャーロック・ホームズの原作者コナン・ドイルからきてる
こっちはシュワちゃんのコナン・ザ・バーバリアンからきてる

 

27: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:54:35.20 ID:QWN/8Yhf0
>>12
ちびっこ向けSF小説の、残された人々が原作だろ

 

8: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:44:08.86 ID:vr1jCN8t0
この頃のアニメは良かったよな

 

11: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:47:11.90 ID:U5GrZd9E0
コナンの中盤は全然面白くない件

 

46: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:09:44.00 ID:XEsDqjJj0
>>11
ガキの頃は確かにそう思ってたけどアレがいい緩急になってんのよ。。

 

98: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 14:00:05.11 ID:OsSpu9F50
>>46
ガンダムにおけるククルスドアンみたいなもんか

 

61: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:28:23.96 ID:xz3aUhlT0
>>11
というか
最近見直してみたら中間すっかり忘れてた
子供の頃の記憶はインダストリアばかり
多分、子供心に面白みが少なかったんだろう
今見ると、そこまでひどくはないんだけどね

 

73: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:36:16.82 ID:xfA2XB090
>>11
ハイハーバー編好きなんだけどな

 

87: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:47:40.86 ID:ZvAMDwgu0
>>11
コナンがブタぬすんで食べちゃってラナに平手うちされるとかカッコ悪いからな

 

22: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 12:52:15.12 ID:xnAvlHl40
飛んでる飛行機の羽根の上を走るシーンが好き

 

34: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:00:11.91 ID:xjPoalZQ0
もともとは大塚康生のアニメになるはずだった
大塚が高畑の赤毛のアンがつまんないと抜けた宮崎に
アクションやり放題のアニメをやろうって持ってた話
やらせたらセル書き以外、宮崎で全部やれてしまうアニメになった
筋立て、設定、コンテ、作監まで、全部一人でやっちゃったアニメ

 

50: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:14:26.76 ID:SSrezlWg0
何回も再放送してその度にほぼ毎回見てるけど、NHKでの再放送は滅多に無いよね
自分も見たのは他の民法での「子供まんが劇場」みたいな枠での再放送ばっかり
放送時間の関係からか、OPとEDに歌がないバージョンだった
あれってやっぱり民法での放送を意識して作り直したんだろうか

 

60: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:23:18.69 ID:u7IVeFmk0
>>50
当初、NHK用に30分枠目一杯で製作されたので、民放で再放送される時には、CMが入る分、
ごっそりカットされている。

 

58: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:19:13.62 ID:fprDp3jV0

コナンとカリオストロとかのナウシカ以前は宮崎と大塚二人でアニメージュとかで取り上げられてたな

書籍も二人セットで出てた
no title

 

59: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:22:13.11 ID:WlDAMwf90
>>58
この一枚だけですげぇ面白そうだもんなぁ・・・
才能の枯渇ってのは悲しい

 

78: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:38:37.93 ID:yz95SiFf0
>>58
その書籍は1985年発売だからナウシカ公開以降

 

84: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:43:58.44 ID:f+bRO/lY0
>>58
これ当時でも4500円くらいしたわ

 

89: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 13:50:40.57 ID:h4iFuxB90
宮崎駿と言えば卓抜した空間感覚な。どんなちょいネタでも必ず3次元空間の中を動き回ってる。『長靴をはいた猫』の頃から一目置いてたよ。幼稚園だったけどw

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591933134/l50

おすすめ記事(他サイト)

-国内ニュースなど

Copyright© くろねこのなんJ情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.